システム設計を行うにあたって心がけたいこと

バナー

システム設計を行うにあたって心がけたいこと

誰が利用するのか?システムを設計する人は、利用者の立場を考えて設計しないと、いざ運用が始まってから、使いづらいなどの不満が出てしまいます。
そのためには、事前の打ち合わせでお客様の声をしっかりと聞き、把握し、開発担当者に伝え、プロジェクトのメンバーが意識を統一できるように、準備する必要があります。

システムというと、大がかりな開発のイメージがありますが、機能が多すぎるものは、利用する人にとって分かりにくくしてしまうこともあり、コストの面でも負担になってしまいます。

また、運用が始まると変更や追加の注文が出てくることがあります。

そのような時に、お客様の要望ばかりを全面的に聞き入れて、無理な設計のやり直しをしていると、もともと作ったシステムに大がかりな手を加えることになり収集がつかなくなります。

変更や追加の機能については、まず必要なのか?変更をかけることで基本のシステムに影響が出ないか?などを考え、構造的な作りになるよう注意を払うことが大事になります。
生産性を上げよう!効率化を図ろう!などという声の背景には、納期に間に合うよう残業をし、休日出勤をし、ストレスを抱えながら開発にあたっているエンジニアの方々がいます。
ICTの時代である今、このようなエンジニアの方々が互いの問題点を理解しあい、改善されながら作業できる環境が整っていくことを望みます。

しいてはそれが、使いやすいシステムを開発する、利用することにつながると考えられます。


http://www.meti.go.jp/setsuden/archives/seikatsu/2011/download/developer.html
https://www.shinwart.co.jp/company/gbr/
http://www.ecosolu.com/

安心、信頼のフォトブックの自作ソフトに関連した書きかけ項目です。



システムマイグレーションの詳細情報を掲載しています。

勤怠管理のタイムレコーダーについての総合情報ポータルサイトです。

dbマイグレーションに関する口コミ情報を募集しています。

Copyright (C) 2015 システム設計を行うにあたって心がけたいこと All Rights Reserved.