インプラントと他の治療法の比較について

歯を失った場合の治療には主に3種類あります。
その3種類の中で最も天然の歯に近いといわれている方法がインプラントです。
他の治療法として、まず、入れ歯の場合、異物感があったり、発音がうまくできない場合があり、顎の骨が痩せる場合もあります。

朝日新聞デジタルがどんなものかご存知ですか。

ブリッジの場合には、両隣の歯を削るため、支えになる歯への負担が大きいということが挙げられます。

インプラントの場合は、顎の骨に固定するため、違和感が少なく、噛む力も他の二つの方法と比べるとより強く伝えることができるため、消化器官への影響を少なくすることができます。



また、見た目も自分の歯に近く、より自然に仕上がります。ただし、インプラントにも、外科手術が必要なことや、メンテナンスを怠ると歯周病や歯周炎になり、最終的には抜けてしまう可能性があることや、保険外の治療であることから治療費も高くなります。

東京の審美歯科について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

健康保険は利用できませんが、ある一定の条件下では健康保険の利用をすることができます。

また、1年間のうちに10万円以上の治療費を支払った場合には、医療費控除というものが受けられるため、確定申告の際に申告すれば医療費の一部が戻ってくるため、領収書は取っておくことが大切です。インプラントの治療は、1本から複数本まで治療することができて、他の歯を削ったりすることもないため、他の歯への負担はほとんどありません。


インプラントは自分の歯のように利用することができ、メンテナンスをしっかりと行えば半永久t系に利用することができます。

関連リンク

インプラントの構造と人工歯根の種類について


インプラントは、人工歯根とアバットメント、上部構造から成り立っております。人工歯根は、直接歯槽骨の中に埋め込まれ、チタンかチタン合金で作られております。...

インプラントのメリットとデメリット


歯が抜けてしまうとよく噛めないので、身体への悪影響がでやすくなります。歯が抜けてそのままにしておくと、他の歯や歯茎にも悪い影響を与えてしまうので、できるだけ早めに治療をおこなうことが大事です。...